1. マレリークTOP
  2. 新着情報
  3. 遺品整理
  4. 遺品整理時のお仏壇の処分の仕方、御魂抜き・魂抜きはどう読めば良いの?

新着情報

遺品整理時のお仏壇の処分の仕方、御魂抜き・魂抜きはどう読めば良いの?

遺品整理の時、仏壇を処分しなければならない場合に、
「どのように処分をしたらよいのか分からない」というご遺族の方も多いのではないでしょうか。

現在の住宅・家庭事情などから、仏壇を置くスペースのや、仏壇を継承していくことが難しいケースもあり、処分を検討される方が増えているように思います。

今回は、仏壇を処分する方法をご紹介します。

仏壇を処分する前に確認しておくこと

仏壇の処分を進める前に、「開眼法要(かいげんほうよう)」、「開眼法要(かいげんほうよう)」、「入魂式(にゅうこんしき)」、が行われているかどうかを必ず確認しましょう。
開眼法要は魂入れとも呼ばれるもので、新しい仏壇お墓などを作った際に行われる法要です。

故人の魂は仏壇に自然と宿るものですが、その霊位を呼び覚ますという意味合いで開眼を行います。つまり、開眼法要が行われている仏壇は、故人の魂を納める役割をしていると言えます。

開眼供養が行われている仏壇の処分の仕方

開眼供養が行われた仏壇の場合、処分を進める前には「閉眼法要(へいがんほうよう)」、「閉眼供養(へいげんくよう)」を行わなければいけません。
閉眼法要とは開眼法要の逆で、故人の魂を納める役目を終えさせるための法要です。
魂抜きとも呼ばれるもので、これを行うことにより、仏壇はただの木の入れ物へと戻ります。
この供養を行わないままに処分すると、故人の魂ごと処分することになってしまうため、注意しましょう。

「魂抜き」の読み方

「魂抜き」の読み方は地域や宗教によって読み方が違います。

「魂抜き」→「こんぬき」

「魂抜き」→「たましいぬき」

「御魂抜き」→「みたまぬき」

「お精抜き」→「おしょうぬき」

仏壇を処分する方法

粗大ごみとして処分できます。

閉眼供養を行った仏壇は、宗教上はただの木の箱といえる状態であるため、自治体の粗大ゴミで処分できます。
自治体や遺品整理業者では、仏壇の大きさによって処理手数料はかわり、小さいサイズのものであればご遺族の方で解体し、燃えるごみとして出すこともできます。

 

マレリークでは、お仏壇のご相談もお受けさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

対応地域はコチラをご覧下さい。

 

 

 

 

 

早い!安い!安心! 遺品整理・不用品回収・特殊清掃マレリークにおまかせ!

  • 0120-994-287 24時間365日受付!スマホ・携帯からもOK!
  • WEBからカンタン WEB見積依頼
  • 買取もできます!出張買取依頼

今すぐなら!現場担当直通ダイヤルへお電話ください 080-5786-7510