1. マレリークTOP
  2. 大阪市の遺品整理
  3. 遺品整理
  4. 仮設住宅の生活で増え続ける孤独死について

仮設住宅の生活で増え続ける孤独死について

近年、地震や水害など、さまざまな災害の規模がどんどん甚大化してきていますが、激甚災害に指定される被害が発生することも今や珍しくないほどです。 そうした災害が起こると多くの住宅が壊れてしまいますので、早急に被災者が生活できる場を設けなければなりません。

震災被害を受けた家

社会復帰への力

国や地方自治体が懸命に仮設住宅を作り上げ、体育館などに身を寄せ合って不便な生活をしていた被災者の方々は、感謝の念を持って仮設住宅に入居することになります。 ひとまず仮設住宅に落ち着き、ホッとしてありがたいと感じたとしても、その空間での暮らしになれると、やはりしっかりと建てられた家とは違う不便さに不満を抱くようになってしまうのが人間というものです。

隣からの音がうるさい、家族で住むには狭すぎるなどの理由から、若い世代ほど早く社会復帰し、もっと快適に暮らせる賃貸住宅などに移ろう、ひいては住宅を再建しようと頑張ります。 そして、仮設住宅を出ていきます。

結果的に社会復帰する力を持たない高齢者だけが、仮設住宅に取り残されることになるのです。

高齢者ばかりの住まい

そのため、月日が経つごとに、仮設の入居者は高齢者ばかりということになってしまいます。 意欲的に仕事ができる環境が用意されている訳でもなく、新しいところへ行く資金や手段、気力なども持ち合わせていない人が大半だからです。不便に感じながらも我慢するしかなく、仮設での生活が続きます。

けれども、仕方ないという思いの一方で、精神的ストレスはたまっていきます。 家があればこんなことにはならなかったのにと、考えても仕方のないことを悶々と考えて憂鬱な気分に陥ることも少なくないでしょう。 こうしたストレスが体に悪影響を及ぼし、寿命を縮めるのは想像に難くありません。

仮設住宅で孤独死を迎える人が後を絶たないのは、心的ストレスが一番の原因と言ってもおかしくないでしょう。 落ち込めば人とのお付き合いもしたくなくなりますし、お付き合いがなければ死の間際になって気づいてくれる人もいません。

仮設という特異な環境は、常に孤独死を生み出す土壌となるといえるでしょう。

マレリークの孤独死へに対する取り組み

マレリークでは大阪・京都・奈良を中心に高齢者問題・孤独死の問題に遺品整理を通して取り組んでいきたいと考えています。
マレリークでの取り組みでご遺族や周囲の方々の精神的・経済的な負担を少しでも軽くなるように努めております。

マレリークの大阪・京都・奈良を中心とした遺品整理についてはこちら

遺品整理に関するお役立ちコンテンツ

その他「遺品整理」お役立ち情報です。どうぞご覧ください。

  • 遺品整理で買い取ってもらえるものを知っておきましょう
  • 生前整理を行うことのメリット
  • 遺品整理士のいる業者を選ぶ
  • 生前整理に注目が集まっている理由とは
  • 高齢者の孤独死を生む社会構造
  • 孤独死の現状の把握
  • 震災が引き起こす恐怖心の連鎖
  • 孤独死に対する備えの保険の存在
  • 孤独死と孤立死は違うということの理解
  • 遺品整理業者を上手に使う方法
  • 遺品整理士の需要と気になる合格率と難易度を推測
  • 遺品整理に関する資格の必要性を考える
  • 遺品整理を始める時期を決めるポイントとは
  • 知っておきたい遺品整理の作業の内容とそれぞれの費用の内訳
  • 悪徳業者による遺品整理のトラブルの数々
  • 孤独死へのイメージとその実情を知る
  • 遺品整理を行う時は不用品の回収と清掃や脱臭を依頼しましょう
  • 関西の遺品整理の相場を知りたい方へ(大阪・京都・神戸・奈良・滋賀等)
  • 遺品整理業において必要とされる資格とその種類
  • 超高齢化社会で需要が高まる「遺品整理士」とは
  • 早い!安い!安心! 遺品整理・不用品回収・特殊清掃マレリークにおまかせ!

    • 0120-994-287 24時間365日受付!スマホ・携帯からもOK!
    • WEBからカンタン WEB見積依頼
    • 買取もできます!出張買取依頼

    今すぐなら!現場担当直通ダイヤルへお電話ください 080-5786-7510