1. マレリークTOP
  2. 大阪市の遺品整理
  3. 遺品整理
  4. 遺品整理を始める時期を決めるポイントとは

遺品整理を始める時期を決めるポイントとは

大切な人が亡くなった際に、遺族の悲しみはなかなかすぐには癒されるものではありません。 けれども故人が一人暮らしであった場合などは、家の荷物を整理して片づける必要が出てきます。これがいわゆる遺品整理になります。 この遺品整理を始める時期について、悩まれるご遺族の方も多いです。

故人の家が持ち家か借り家かによって判断しよう

その判断基準としてまず、故人の家が持ち家か借り家かがポイントとなってくるでしょう。 持ち家であれば、慌てて遺品整理をしなくとも、ご遺族皆で話し合ったり悲しみが癒されてから行ったりしても何ら問題はありません。 けれども借り家の場合、誰も住んでいなくとも毎月の家賃や共益費などが発生してきます。 家を綺麗に片づけて引き払わなければ、どんどん無駄な家賃が発生してくるわけです。

つまり、故人宅が借り家の場合は、できれば早めに遺品整理を始めたほうが良いといえるでしょう。

その場合、家賃の支払い日が月始まりか月末かも調べておくと良いでしょう。 月末支払いの場合は、翌月の頭に遺品整理をしたのでは家賃がかかってくるので、月末には家を引き払えるように考えて時期を決めるのがベストです。

家の物量にもよりますが、荷物が多い場合などは遺品整理に数日間かかってしまう場合もありますので、余裕を持って作業にかかることが望ましいでしょう。

遺品整理のスケジュール

法要に応じて時期を決めるケースも

遺品整理の時期は、法要に応じて行うケースも多いです。

例えば、四十九日が終わるまでは故人の供養と遺族らの悲しみを考えて、家をそのままにしておきます。 四十九日が終わるまでは実際のところ、葬儀のお返しや後片付けや毎月の月命日などでご遺族も何かと慌ただしいものでしょう。 四十九日が終われば、法要においてもひとまず一区切りになりますので、そこで気持ち的にも行事的にも落ち着いたということで、遺品整理に取りかかろうというわけです。 これはひとつの良い区切りでもあり、遺品整理の時期を判断するのにもおすすめの方法です。

いずれにせよ、いつかはしなくてはいけない遺品整理です。 ご遺族関係の方、相続者、借り家の場合は大家さんなどとよく話し合って時期を決めることが大切です。

大阪・京都・奈良をはじめ関西圏内で一番のサービスを目指すマレリークでは遺品整理をされるご遺族のお気持ちに配慮し、事前に必ずご供養を行っております。
お急ぎの場合も迅速・即日対応いたしております。
遺品整理のお問い合わせはこちら

遺品整理に関するお役立ちコンテンツ

その他「遺品整理」お役立ち情報です。どうぞご覧ください。

  • 遺品整理で買い取ってもらえるものを知っておきましょう
  • 生前整理を行うことのメリット
  • 遺品整理士のいる業者を選ぶ
  • 生前整理に注目が集まっている理由とは
  • 高齢者の孤独死を生む社会構造
  • 孤独死の現状の把握
  • 震災が引き起こす恐怖心の連鎖
  • 孤独死に対する備えの保険の存在
  • 孤独死と孤立死は違うということの理解
  • 遺品整理業者を上手に使う方法
  • 仮設住宅の生活で増え続ける孤独死について
  • 遺品整理士の需要と気になる合格率と難易度を推測
  • 遺品整理に関する資格の必要性を考える
  • 知っておきたい遺品整理の作業の内容とそれぞれの費用の内訳
  • 悪徳業者による遺品整理のトラブルの数々
  • 孤独死へのイメージとその実情を知る
  • 遺品整理を行う時は不用品の回収と清掃や脱臭を依頼しましょう
  • 関西の遺品整理の相場を知りたい方へ(大阪・京都・神戸・奈良・滋賀等)
  • 遺品整理業において必要とされる資格とその種類
  • 超高齢化社会で需要が高まる「遺品整理士」とは
  • 早い!安い!安心! 遺品整理・不用品回収・特殊清掃マレリークにおまかせ!

    • 0120-994-287 24時間365日受付!スマホ・携帯からもOK!
    • WEBからカンタン WEB見積依頼
    • 買取もできます!出張買取依頼

    今すぐなら!現場担当直通ダイヤルへお電話ください 080-5786-7510