1. マレリークTOP
  2. 新着情報
  3. お役立ち情報
  4. 納得できる葬儀をするために葬儀社の選び方で気をつけたいことは?

新着情報

納得できる葬儀をするために葬儀社の選び方で気をつけたいことは?

あなたは自分の死後、どのようなお葬式をしてほしいか考えたことはありますか?

 

人生で葬儀社を選ぶことはどれほどあるのでしょうか?

 

おそらくはあっても1、2回のことではないでしょうか。

 

生活の中で関わることも少ないので、どのような葬儀社がいいのかわからない方も多く、

 

突然の手配に時間も限られた中、困ってしまう方は多いのかもしれません。

 

しかし、「大きな会社だから」「有名だから」といった理由で決めてしまっても良いのでしょうか・・・?

 

選ぶポイントを明確にして希望する葬儀のカタチに合った葬儀社を選びましょう。

 

葬儀社というのは認可事業ではありませんので、明日から誰でも始めることができます。

 

そのため、人口の多い都市では、葬儀社がなくなったり新しく違う業種から参入してきたりなど、

 

変動も激しく、葬儀社の数を把握することは困難なことといえるでしょう。

 

葬儀社によってもそれぞれに特徴は異なり、得意・不得意とすることもございますので、

 

前もって情報を収集し、希望する葬儀のカタチにあった葬儀社を選ぶことは大切です。

 

地域密着の会社なのか、または葬祭ホールなどをもっているのかなどの様々な特徴を知る必要があります

 

葬儀社を選ぶ際、最初に必要なのは、どれくらいの予算どのような葬儀がしたいかを考えることです。

 

大きな規模の葬儀をしたいのか、低価格の葬儀をしたいのか、

 

心のこもったサービスのある葬儀がしたいのか、個性的な葬儀がしたいのか・・・

 

もちろん故人の遺志も大事ですし、葬儀を執り行う家族の意向も含め、

 

『故人をどのような形で見送りたいのか?』ということを明確にしておきましょう。

 

 

通夜、葬儀・告別式の一般的な流れとは?

 

様々な事情から多少前後することはありますが、通夜は一般的に亡くなった日の翌日に行い、

 

葬儀・告別式は通夜の翌日(通夜の翌日が友引の場合はその翌日)に執り行うことが多くございます。

 

 

葬儀社選びで起こり得るトラブル・・・事例を知り不安は事前に解消しておきましょう。

 

生前に何も準備していなかった場合、大切な方が亡くなった直後から、

 

計り知れない悲しみの中で、遺族の方々は通夜や葬儀・告別式の手配に追われることになります。

 

その中でもっとも重要なことのひとつが葬儀社の手配です。

 

前もって準備をしていない場合は、限られた時間の中で判断することになりますので、

 

後日トラブルに発展してしまうケースも少なくはありません。

 

◆葬儀社との間で起こるトラブルの例◆

◎強引な勧誘

◎不明瞭な請求

◎説明のない追加請求

◎高額請求

◎事前説明とサービスの違い(虚偽説明)

 

このようなトラブルを防ぐために、葬儀社を選ぶ際には最低限注意しておきたい点がございます。

 

◆葬儀社を選ぶ時の注意事項◆

①費用について見積書を提示し、細かい点まで納得のいく説明や提案をしてくれるか。

②質問に対し、親身になって丁寧に答えてくれるか。

③強引に契約を迫ってこないか。また、望まないオプションやサービスを強く進めてこないか。

④地元の方などの評判がいいか。

⑤小規模(低予算)な葬儀を希望しても丁寧に対応してくれるか。

 

また、葬儀に係る公的な資格を持っている担当者がいるというのも、ポイントの一つになるかもしれません。

 

信頼できる葬儀社を納得して選ぶことができれば、少しでも心に余裕ができるのではないでしょうか。

 

 

納得のいく葬儀をするためにも『生前整理』や『終活』をすることも重要です。

 

多くの場合、遺体を病院から搬送することになります。


突然の事に考える気力もなくなり、病院の決めた葬儀社にお願いしたまま、

 

流れでお葬式までといったケースも珍しくありません。

 

しかし、病院から紹介される葬儀社が必ずしもこれらの要件を満たしているとは限りません。

 

ただでさえ悲しい時に、思うような葬儀が行えなかったとなればそれは一生の後悔となるでしょう。

 

身近な方の死は、精神的、肉体的にも辛く、冷静な判断ができない場合も多くございます。

 

しかし葬儀は人の最期を締めくくるとても重要な儀式です。

 

出来ることならば、しっかりとした良心的な葬儀社を利用し、素敵な葬儀で故人を送り出したいと誰しもが願うでしょう。

 

亡くなってからの準備はどうしても多様な面において制限がございますので、

 

「縁起が悪い」「不謹慎だ」など後ろ向きな考えにとらわれず、

 

どのような規模で、どのような葬儀を行ってほしいかなど、生前に家族同士で確認しておいたり、

 

自らの死後についての希望などを書いた、エンディングノートを残し合うという方法など、

 

生前整理をしておくことは非常に有効的ですよね。

 

それが、家族のために遺す最善の愛情となるのではないでしょうか。

 

 

家族が亡くなった時に必要な手続きをこちらでもご紹介していますので、あわせてご覧ください。

早い!安い!安心! 遺品整理・不用品回収・特殊清掃マレリークにおまかせ!

  • 0120-994-287 24時間365日受付!スマホ・携帯からもOK!
  • WEBからカンタン WEB見積依頼
  • 買取もできます!出張買取依頼

今すぐなら!現場担当直通ダイヤルへお電話ください 080-5786-7510