1. 遺品整理マレリーク
  2. 大阪市の遺品整理

サービス案内|大阪市の遺品整理・特殊清掃なら大阪寝屋川のマレリーク

遺品整理の専門家「マレリーク」 ご遺族に代わり「大切な遺品」「故人との思い出」の整理をお手伝いいたします。

「早い!」「安い!」「安心!」マレリークにすべておまかせください!

遺品整理・大阪市内なら、さらに特急対応可能!今すぐお問い合わせを!

大阪市内遺品整理対応エリア一覧

大阪市北区 / 都島区 / 福島区 / 此花区 / 中央区 / 西区 / 港区 / 大正区 / 天王寺区 / 浪速区 / 西淀川区 / 淀川区 / 東淀川区 / 東成区 / 生野区 / 旭区 / 城東区 / 鶴見区 / 阿倍野区 / 住之江区 / 大阪市住吉区 / 東住吉区 / 平野区 / 西成区

「ありがとう」「助かったよ」のお声の為に!変化するニーズにお応えし続けます!

長年にわたり、大阪市を中心にリサイクル業をひたすら続けてきました。創業時は「不要なものを買い取って欲しい・安く処分して欲しい」というご要望ばかりでしたが、今では「遺品整理(供養までして欲しい)」や「特殊清掃」同時にリフォームや解体までして欲しい等、ニーズが幅広くなってきていると感じています。さらに近年では、生前生理のニーズが増えてきました。弊社では、お客様のニーズに常にお応えすべく、サービスを増やし、内容を改善して参ります。

どれだけサービスが増えても「大満足のお声を当たり前に」

満足ではなく「大満足のお声」を頂けるよう、清潔な身だしなみ・気持ちの良い丁寧な接客・スピーディーな対応を徹底します。大阪(大阪市)、兵庫(神戸)、京都、奈良、滋賀、奈良、和歌山なら、無料で、最短即日訪問しますので、お気軽にお問い合わせください。

寝屋川から大阪市、大阪府、京都・神戸・奈良等関西全域へスピード対応

遺品整理、特殊清掃全てのお客様に共通しているのは「今すぐ来て欲しい」というご要望です。本社寝屋川周辺は勿論、大阪市内、大阪府全域他、関西全域最短30分現場到着のため、指示・連絡系統、普段の準備等を徹底しております。

  • 遺品整理 京都エリア
  • 遺品整理 兵庫エリア

サービス一覧

マレリーク 各サービスのご案内

遺品整理について

身内が故人に代わって、生前使用していた物を整理・供養することを「遺品整理」と呼びます。
遺品整理は昨今の急速な高齢化と核家族化によって注目を集め、かつてはご遺族の方が自ら行われていた遺品整理を、専門業者に依頼されるケースが増えてきています。

遺族以外の人間が遺品整理を行うとなると、遺品整理業者にはご家族の心情を感じ取る深い心配りが必要です。
また、形見分けするもの、供養するものなどを適切に見極める必要があるため、作業するスタッフは豊富な経験が求められます。

大阪市を中心に遺品整理を行うマレリークは、故人、そして残されたご遺族の方々の気持ちを最重要視し、長年の経験で培った高い技術を持つスタッフが、遺品整理を代行いたします。

不用品回収について

引越しの際に発生する「引っ越しゴミ」から、ビジネスの様々なシーンで発生する「粗大ゴミ回収」まで、幅広い品目の不用品を回収いたします。

大量のゴミを放置し続けると悪臭・害虫の発生だけではなく、ネズミによる配線齧り、漏電などによる火災発生、さらには近隣トラブルまで発生する可能性があります。 マレリークは10年以上の経験から積み上げた技術で、除菌・消臭まで徹底的にクリーニングします。

また、事業所などで発生する粗大ゴミを自分たちだけで処分するのは困難ですが、そんな時に不用品回収業者はとても重宝します。回収できる品目が少なく融通の利かない区役所の不用品回収とは違い、幅広い品目をスピード対応で処分いたします。

 

特殊清掃について

自殺・孤独死・病気などで亡くなられた方が、気づかれずに時間が経過する場合があります。その結果として発生する害虫や悪臭、血液や汚物など、通常のサービスでは対応できない事例を扱うのが特殊清掃です。

  

特殊清掃を一般の方が行うのは精神的につらく、血液や体液の除去には専門技術が必要です。しかしどのような現場であっても、原状復帰することは避けて通れません。放置すると、大家さんや管理会社様とのトラブルに発展することも考えられます。

マレリークはそんな特殊清掃を、お電話から最短30分で迅速に、かつお客様の秘密は厳守したうえで作業いたします。どのように対処すればよいか分からず慌ててしまいがちな特殊清掃ですが、緊急の対応が必要な作業だからこそ、プロである私たちにお待ちください。

遺品整理とは

遺品整理を行うイメージ

生活用品や衣類、家電など、故人が生前に使用していたもの全般を指して遺品と呼びます。

持ち主を失った品々を整理していくことが遺品整理で、これまでは多くの家庭で遺族が自分たちで遺品整理を行ってきました。しかし、最近では核家族が増え、血縁同士が遠方に住むようになってきており、業者が遺品整理を代行する場面も増えてきました。

「遺品整理」とは具体的に何をするのか?

遺品整理を行うにあたって、故人との思い出の品や、現金や権利書などの貴重品、処分が必要なものなど、まずは多くの遺品を分別していく必要があります。さらに分別したものを遺族で形見分けしたり、供養を行う必要があります。

不用なものの中には買取に出せるものもある場合があります。そうした場合には不用品買取業者などに見積を行ってもらう必要もあります。

遺品整理はただ遺品を処分していく作業ではありません。遺品整理を行う上で最も大切なことは、供養をしているのだという心構えと遺品に対する正しい対応です。遺品整理を行うことは、普段滅多にありません。「どこから遺品整理に手を付けたらいいのかわからない」と多くの人が思うはずです。

そうした時には遺品整理士の在籍する遺品整理業者に相談して下さい。 遺品整理士は、遺品整理に関する知識と遺品に対する正しい対応をしっかりと学んだ専門家です。遺品整理に戸惑うことがあればぜひ遺品整理士に相談するようにして下さい。

特殊清掃を必要とする遺品整理とは

遺体の発見が遅れるなどして、遺体が腐敗し室内にダメージが及んでしまった場合に、原状回復を行うことを特殊清掃と呼びます。孤独死や自殺、事件など自宅で亡くなられた場合など特殊清掃が必要な場合があります。

遺品整理だけを行う場合に比べても、消毒作業や消臭作業、残置物処理など特殊清掃には高度な専門性、スキルが必要とされます。そのため、特殊清掃を必要とする場合、遺品整理だけを行っている業者では対応できません。そのため、特殊清掃を伴う遺品整理が必要な場合はその両方を行っている業者に依頼する必要があります。

マレリークでは遺品整理だけでなく特殊清掃にも対応可能。大阪市を中心に関西で遺品整理・特殊清掃が必要な場合はぜひご相談下さい。

遺品の行方

遺品はどこに行くのかのイメージ

「整理された遺品はどうなってしまうのか?」
遺族であれば気になることではないでしょうか。

遺品と一括りに言っても「貴重品」、「資源物」、「不用品」などに分類することが出来ます。形見分けをしたり、処分したり、リサイクルをしたりと、遺品によってどのように対処されるかは様々です。不用品は地方自治体の定める方法で処分する必要がありますし、形見品は故人との思い出の品ですので、遺族などの近しい人のもとに送られます。貴重品の中には買取に出される場合もあります。

できることなら遺品を処分したくないと考えていても、「保管場所がない」などの理由で処分をしなければならない場合もあります。そうした場合は遺品をしっかりと供養することで思いのこもった品とお別れをすることができるようになります。

遺品の買取・リサイクルについて

「遺品をただ捨てるのは忍びない」という方には遺品を買取やリサイクルに出すことをおすすめします。そうすることで、これまで故人様が大切にしてきたものをまた他の人に譲ることができます。

ある程度、遺品を処分しなければならないのは仕方ないことです。しかし、多くの場合、買取に出したり、リサイクルやリユースに出すことが可能です。さらに遺品整理業者の中にはマレリークのようにリサイクルショップを運営している業者もあります。そうした業者に依頼をすることもおすすめです。

遺品整理を立会いなしで行う時に気を付けたいこと

遺品整理時に思い出の品をしっかり保管しましょう

「忙しくて遺品整理に時間を割くことが出来ない」「遠方に住んでいるので遺品整理に立会えない」

そうした理由から遺品整理に立会いが必要かと問い合わせを頂くことがあります。遺品整理を業者に依頼する時、立会いは必要なのでしょうか?遺品整理の際に立会いを行うメリット・デメリットを考えていきたいと思います。

遺品整理に立会うメリット

遺品整理に立会う最大のメリットは「故人の思い出の品を確実に残すことが出来る」ということです。通帳や印鑑、アルバムなどであれば、業者だけであってもある程度故人の思い出の品であると判断をつけることが出来ます。しかし、遺品の中には業者だけでは思い出の品かどうかの判断が難しいものもあります。遺品整理に立会って頂くことで、そうした判断の難しい遺品でもしっかりと残すことが可能です。一度処分してしまったものは後になってから取り戻すことはできません。遺品整理に立会うことで大切な思い出の品を失うリスクを減らすことが可能です。

また、遺品が重要かどうかの区別がつかない場合、お客様に確認をとる必要が出てきます。確認に時間を取られてしまい、作業が遅くなってしまうこともあります。遺品整理現場に立会って頂いていれば、その場で確認をとることが出来るので作業がスムーズに進みます。

遺品整理に立会うデメリット

遺品整理に立会うデメリットはその環境面にあります。遺品整理の現場は騒々しく、ホコリなどが舞い散る中での長時間の作業となります。慣れない方が遺品整理作業に立会うのは体力的にかなり厳しいものです。 遺品整理を行う現場によっては悪臭など過酷な環境となりますので、そのような場合は立会いをオススメしません。

それでは、こうしたメリット・デメリットを踏まえ、遺品整理に立会わないと決めた時に注意すべきことはなんでしょうか?事前にしっかりと業者に話を聞き、不安や疑問が残らないようにすることは大切です。納得できないまま業者に依頼してしまうと後々トラブルになる場合もあります。そうしたトラブルを避けるためにも、遺品整理を行う時は業者との事前の打ち合わせが非常に重要になります。供養するもの、形見分けが必要なもの、処分するものとしっかりと遺品を細かく分類していくことも必要です。後になって、「故人との思い出の品が処分されてしまった…」などということがないように、信頼できる業者としっかりと事前打ち合わせを行うようにして下さい。

遺品整理業者の選び方

遺品整理を行う時は必ず相見積して下さい。

「思い出の品や貴重品まで処分されてしまった」「ぼったくられてしまった」など、遺品整理を業者に依頼した時にはトラブルが起こることがあります。遺品整理の需要が増えてきたことに伴い、大阪でも悪質な遺品整理業者が出現しています。悪質な業者を避け、トラブルにならないようにしっかりと遺品整理業者を選ぶ必要が出てきています。

それでは、遺品整理をスムーズに行うためにも知っておくべき「遺品整理業者の選び方」とはどういうものなのでしょうか?

相見積の重要性

遺品整理は葬儀などで疲れがたまっている状態で行わなければならないものです。そうした場面で何社も業者を比較するのは精神的にも苦痛に感じるかと思います。

しかし、トラブルを避けたいのであれば、最低でも3社程度には相見積を依頼し、料金やサービスの内容、業者の対応などをしっかり比較してから依頼先を決めることをお勧めします。
見積を依頼した時点で、料金にあいまいな部分はないか、説明をしっかりと行ってくれるかなど納得できない部分はないかをきちんと確認しておきましょう。

遺品整理業者によって料金やサービスの質は大きく異なります。サービス内容と料金を確認し、信頼できると感じる、誠実な業者を選ぶようにして下さい。

信頼できる遺品整理業者とは

遺品整理を行っている業者の中には遺品に対する知識がなく、遺品をただの不用品のように扱う業者もあります。そうした業者に依頼しないようにするための一つの基準となるのが「遺品整理士が在籍しているか」ということになります。

遺品整理士とは遺品に接する時の心構えや遺族への対応、遺品の適切な対処方法を学び、試験に合格した遺品整理の専門家を指します。

悪質な業者の中には遺品を勝手に持ち出して売り払ってしまったり、思い出の品まで処分してしまうようなところもあります。そうした業者を避けるためにも、遺品整理を依頼する時には、遺品に対する適切な対処方法や遺族に対する接し方を学んだ遺品整理士のいる業者を選ぶことをお勧めします。

もちろん、マレリークにも遺品整理士が在籍しております。さらに「遺品整理士認定協会」認定企業なので、大阪市をはじめを関西を中心に安心して遺品整理をご依頼いただけます。

遺品整理での供養が必要な理由

遺品整理時に供養を行う必要性とは?

遺品整理を行う時、故人様が大切にしていたものを本当に捨ててしまってもいいのだろうかと思う人もいると思います。そうした時にぜひ考えていただきたいのが遺品の供養です。遺品の供養を行うことで遺族の精神的な負担を軽減することが出来ます。

遺品の供養は日本古来の考え方に由来する

「遺品の供養」という考え方には日本古来の「物には魂が宿る」という考え方が深く影響しています。多くの日本人は故人様が大切に使っていたものであれば、その遺品には故人様の気持ちや魂が宿っているのではないか、と考えるのです。

遺品の供養には、そうした遺品に宿っている故人様の思いや感情、魂といったものを取り除くという役割があります。

遺品の供養で気持ちに区切りをつける

「本当に遺品を捨ててしまってもいいのだろうか」といったように遺品整理を行う人には迷いや、大きなストレスがかかるものです。遺品をしっかりと供養し、故人の思いや魂を思い遣ることによって、遺品整理を行う時の精神的な負担が軽くなると考える人も少なくありません。

また、遺品を供養し、丁寧に遺品整理を行っていくことで徐々に気持ちにも区切りをつけ、故人への気持ちも整理することが出来るようになるはずです。遺品の供養には残された遺族に対する精神的な作用もあるのです。

マレリークでは遺品整理を行う際には必ず遺品の供養を行っております。個別供養、合同供養の際には寺院から証明書も発行しております。大阪(大阪市)、京都、奈良などで遺品を供養してから整理していきたいとお考えの方は是非ご相談下さい。

遺品整理はいつからするのが良いか

遺品整理開始時期を考える

遺品整理をしようとする人にも様々な事情があるので、遺品整理を行うのに一般的な時期というものはありません。葬儀の直後に遺品整理を行う人もいれば、四十九日の法要の後に遺品整理を行う人もいます。

遺品整理には故人様を偲ぶ気持ちに一区切りつけるという意味合いもありますので、「遺品整理をしよう」と踏ん切りをつけた時が遺品整理を行う一番良いタイミングだと言えます。

多くの人が遺品整理を始める時期

遺品整理をするのに一般的な時期はありませんが、遺品整理を始める人が多い時期というものはあります。

例えば、法要に合わせて遺品整理を始めるというケースです。四十九日や一周忌などでは地方に住んでいる親族も法要のために集まることが多いので、形見分けなどがしやすいといったメリットがあります。

他にも、賃貸住宅などの場合は賃貸契約の関係から、早い段階で遺品整理を始める場合もあります。たとえ誰も住んでいない状態だったとしても家賃は発生しますので、そのような場合には葬儀直後から遺品整理を行うことも珍しくありません。

遺品整理での写真・アルバム整理について

遺品整理をする時の写真のイメージ

遺品整理をしていく上で整理に困るものに、写真やアルバムがあります。1冊や2冊のアルバムならそのまま形見分けとして手元に置いておけるかもしれませんが、段ボールで数箱分のアルバムということになると事情は変わってきます。

大量の写真やアルバムはデータ化がおすすめ

写真やアルバムが大量にある場合はスキャナーなどで画像を取り込みデジタルデータとして保存することで、かさばることなく写真を保管することが可能です。処分するアルバムや写真も念のためデータ化して残しておくと、後から処分してしまったことを後悔することもなくなります。

写真やアルバムの中でも特に大切だと思うものは。是非形見品として残していただきたいと思いますが、大量にありすぎる場合はデータ化が便利です。

マレリークは高齢化問題・孤独死等の問題解決に取り組みます

マレリークが大阪で取り組む孤独死問題のイメージ

現在、高齢化問題・孤独死等、遺品整理に関わる問題が都心を中心に急増しています。この問題は、都心のみならず、大阪・京都・奈良と地方にも広がっており、今後もより大きな問題となっていくと感じています。

遺品整理を通じ、ご遺族の負担を軽くしたい

私達の仕事は「ご遺族の方に変わり、心を込めて遺品を整理させて頂くこと」です。よって、その問題を根本から解決するものでは無いかもしれません。しかし、私達が知っている現実は「供養したい、自らの手で遺品整理をしたい。」しかし諸事情によってそれが難しく、心を痛めておられる方が大勢いることです。

人は必ず亡くなり、遺族が生まれます。私たちはお亡くなりになられた方の遺族や周辺の方々の精神的・肉体的・経済的なご負担を少しでも軽くすることです。

大阪・京都・奈良から関西圏内で一番のサービスを目指します

関西最安値。最短30分での現場到着。優良事業所認定。専門知識と実際の作業の訓練。サービス・接遇研修等、地域一番を目指します。まずは大阪市。そして大阪全域で一番。京都でも奈良でも滋賀でも一番。関西で一番と、コツコツとお客様の満足の声を積み上げていきたいと思っております。

遺品整理に関するお役立ちコンテンツ

マレリークでは、毎日多くの「遺品整理」のご依頼をお受けしており、ご依頼される方々の疑問・お悩み・ご要望・ご不安を直接、また間接的に聞いております。そのようなお声に少しでも応えるため、お役立ちコンテンツとして、以下の通り情報発信を始めました。どうぞご覧ください。

  • 家族が亡くなったらどうすればいいの?まず必要な手続きとは
  • 遺品整理で買い取ってもらえるものを知っておきましょう
  • 生前整理を行うことのメリット
  • 遺品整理士のいる業者を選ぶ
  • 生前整理に注目が集まっている理由とは
  • 高齢者の孤独死を生む社会構造
  • 孤独死の現状の把握
  • 震災が引き起こす恐怖心の連鎖
  • 孤独死に対する備えの保険の存在
  • 孤独死と孤立死は違うということの理解
  • 遺品整理業者を上手に使う方法
  • 仮設住宅の生活で増え続ける孤独死について
  • 遺品整理士の需要と気になる合格率と難易度を推測
  • 遺品整理に関する資格の必要性を考える
  • 遺品整理を始める時期を決めるポイントとは
  • 知っておきたい遺品整理の作業の内容とそれぞれの費用の内訳
  • 悪徳業者による遺品整理のトラブルの数々
  • 孤独死へのイメージとその実情を知る
  • 遺品整理を行う時は不用品の回収と清掃や脱臭を依頼しましょう
  • 関西の遺品整理の相場を知りたい方へ(大阪・京都・神戸・奈良・滋賀等)
  • 遺品整理業において必要とされる資格とその種類
  • 超高齢化社会で需要が高まる「遺品整理士」とは
  • 早い!安い!安心! 遺品整理・不用品回収・特殊清掃マレリークにおまかせ!

    • 0120-994-287 24時間365日受付!スマホ・携帯からもOK!
    • WEBからカンタン WEB見積依頼
    • 買取もできます!出張買取依頼

    今すぐなら!現場担当直通ダイヤルへお電話ください 080-5786-7510