1. 遺品整理マレリーク
  2. 大阪市の遺品整理
  3. 遺品整理
  4. 遺品整理士の需要と気になる合格率と難易度を推測

遺品整理士の需要と気になる合格率と難易度を推測

近年、身寄りのないお年寄りの孤独死が増えていることもあって、遺品を整理してほしいという依頼が増えています。 悪徳業者も入り混じって玉石混交の様相を呈している遺品整理業者ですが、誠実に対応している業者であれば、間違いなく遺品整理士が在籍しています。

遺品整理士の資格イメージ

遺品整理士になるためには

遺品整理士とは、読んで字のごとく遺品を整理するための知識を持った人のことで、民間資格ではあるものの有資格者です。 今後、超高齢化社会へと突き進んでいく日本では、亡くなった人の遺品を片付ける存在がますます少なくなり、業者への依頼は逆に増え続けると考えられることから、仕事の需要には困らないと資格取得を目指す人も増えてきています。

そんな遺品整理士になるためには、遺品整理士養成講座を受講するのが最適です。 受講期間はおよそ二か月程度で、資格取得のための試験を受ける必要があります。 この試験の合格率は65%程度で、人数にするとだいたい3人に2人が合格している計算になります。 この合格率を見る限り、比較的取得しやすい資格であると感じられるでしょう。

資格取得の難易度

合格率が高いということは、必然的に資格取得への難易度は低いということになります。 とはいえ、遺品整理においては時に専門的な知識を持って取り扱わなければならない薬品を使うこともあり、しっかりと勉強する必要があります。

合格率65%ということは、3人に2人が合格ということですが、見方を変えれば3人受ければ1人は不合格ということになります。 視点を変えてみると、そう簡単にとれる資格ではないという事がわかります。 遺品整理を行うにあたっては、故人の信仰していた宗派によってやり方を変える必要があるなど、知っておくべきことはかなり多いからです。

中には思わず目を覆いたくなるような部屋と取り組まなければならないこともあり、遺品整理士とはどのような仕事をするのかということをしっかり考え、それでもやりたいと思えるだけの情熱も必要です。

実務経験の必要がなくても取得できる資格だけに、すぐに仕事につながるという理由で学ぶ人が増えていますが、生半可な勉強では合格できないことは確かです。

大阪を中心に遺品整理を行うマレリークは「遺品整理士認定協会」認定企業です。
遺品整理を10年以上行っているスタッフばかりなので安心してお任せいただけます。
マレリークの遺品整理の詳細はこちら

遺品整理に関するお役立ちコンテンツ

その他「遺品整理」お役立ち情報です。どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早い!安い!安心! 遺品整理・不用品回収・特殊清掃マレリークにおまかせ!

  • 0120-994-287 24時間365日受付!スマホ・携帯からもOK!
  • WEBからカンタン WEB見積依頼
  • 買取もできます!出張買取依頼

今すぐなら!現場担当直通ダイヤルへお電話ください 080-5786-7510