1. 遺品整理マレリーク
  2. 大阪市の遺品整理
  3. 遺品整理
  4. 遺品整理業において必要とされる資格とその種類

遺品整理業において必要とされる資格とその種類(遺品整理士等)

近年、高齢者だけが暮らす世帯が増えていることから、亡くなった際、誰も遺品整理をする人がいないというケースが増えています。

親族である子どもは別に世帯を持ち、しかも離れたところに住んでいるとなると、葬儀をするだけで「取れる休みは精いっぱい」、とても遺品整理までやっている時間がないということが多いのです。そのため、専門業者に頼んで遺品整理をやってもらおうと考える人が増加しています。

多忙な現代社会において、遺品整理のご依頼は増えています

自分たちで遺品の整理をする時間もなければ、やり方も分からない。

親といえども離れて暮らしていれば、何を大切にしていたかわからないことから、遺品整理などやったことがない自分たちがやるよりもプロに頼んだ方が早いという考え方です。

そして、この考え方はあながち間違っていません。

思い出も遺品も整理を

遺品整理の依頼は専門資格保有者「遺品整理士」へ

遺品整理業においては、遺品整理士という資格を持った人がいて、遺品整理とは何かということをしっかり理解したうえで作業をしてくれるます。今のところ、遺品整理業において必要とされ、また取得できる資格は、社団法人が定めるところの民間資格である遺品整理士だけですが、今後はさらに関連する資格が生まれてくる可能性もあります。

遺品整理士が行う正しい遺品整理

遺品整理士が遺品整理を行う際、仏壇が設けられていればまず手を合わせるところから始めます。

亡くなった人にとって遺品のすべてが思い入れのある物であると考え、大切に取り扱いますという、故人への敬意を表する気持ちの表れです。どんなものでも粗雑に扱うことはせず、依頼人がいれば依頼人と相談しつつ行いますし、身寄りのない人であれば、部屋の様子から故人の生前の暮らしを考え、どのように整理すれば喜んでもらえるかを考えながら行います。

遺品整理業とは、単に亡くなった人の部屋にあるものをどんどん片づけていくのではなく、故人を尊重しつつ、手際よく作業を進めていくべきものです。

そのためには、遺品整理とはという点をよく理解し、整理するにあたって必要な専門知識も持っている遺品整理士資格を軸にしつつ、さまざまなニーズから必要とされる専門知識をさらに習得できるような資格が求められるといえます。

マレリークでは、遺品整理士が精神誠意対応させて頂きますので、ご依頼の際もご安心頂ければと思っております。

遺品整理サービス詳細ページに戻るにはこちら

遺品整理に関するお役立ちコンテンツ

その他「遺品整理」お役立ち情報です。どうぞご覧ください。

  • 遺品整理で買い取ってもらえるものを知っておきましょう
  • 生前整理を行うことのメリット
  • 遺品整理士のいる業者を選ぶ
  • 生前整理に注目が集まっている理由とは
  • 高齢者の孤独死を生む社会構造
  • 孤独死の現状の把握
  • 震災が引き起こす恐怖心の連鎖
  • 孤独死に対する備えの保険の存在
  • 孤独死と孤立死は違うということの理解
  • 遺品整理業者を上手に使う方法
  • 仮設住宅の生活で増え続ける孤独死について
  • 遺品整理士の需要と気になる合格率と難易度を推測
  • 遺品整理に関する資格の必要性を考える
  • 遺品整理を始める時期を決めるポイントとは
  • 知っておきたい遺品整理の作業の内容とそれぞれの費用の内訳
  • 悪徳業者による遺品整理のトラブルの数々
  • 孤独死へのイメージとその実情を知る
  • 遺品整理を行う時は不用品の回収と清掃や脱臭を依頼しましょう
  • 関西の遺品整理の相場を知りたい方へ(大阪・京都・神戸・奈良・滋賀等)
  • 超高齢化社会で需要が高まる「遺品整理士」とは
  • 早い!安い!安心! 遺品整理・不用品回収・特殊清掃マレリークにおまかせ!

    • 0120-994-287 24時間365日受付!スマホ・携帯からもOK!
    • WEBからカンタン WEB見積依頼
    • 買取もできます!出張買取依頼

    今すぐなら!現場担当直通ダイヤルへお電話ください 080-5786-7510